› 【呑助○○人衆】 通称"呑衆" › 2013年09月

2013年09月22日

「ツール・ド・のと」に呑衆が参戦!

どうも広報の久利須です。

呑衆サイクリング倶楽部(通称:NCC)として、先週末に行われた「ツール・ド・のと400」に2年連続で参加してきました。
ツールドのとは3日間かけて能登半島400km一周する大会です。3日間のチャンピオンコースの他にそれぞれ1日だけのコースもあります。昨年は1日目に参加したので、今年は難コースと評判の2日目(輪島→能登島:157km)を走ることにしました。

ちなみに昨年は様子はこんな感じです。
http://nomisyu.kitemi.net/e59474.html





今年は輪島スタートということで前日から輪島入りしました。
夕方に集合して1日目のゴールを見てから輪島を自転車で散策して、袖ヶ浜海水浴場で集合写真。





右から竹島会長、エース浅野さん、ナドさん、久利須、麻美ちゃんです。
もう一名のメンバー、五十嵐さんは本日ライブということで、夜中合流予定です。


イガさんの体が心配です。






その後、全日食チェーンや地元のパン屋さんで、朝食・ドリンク・補給食を準備して明日に備えます。そして夕食は輪島に来たなら「香華園」、みんなでカーボローディングしました。







ここのラーメンはスープの色は薄いのにコクのあるスープで美味しいのでオススメですよ。



竹島会長はみんなの助言に耳を貸さずにビールを飲んでましたが・・・






この大会はあくまで「サイクリング」、タイムを競う大会ではありません。しかし、公道を使わせてもらう以上、関門と出走制限時間が定められています。
出来れば全員でゴールしたいと思いますが、高低差も厳しいコースとなっています。





今までのサイクリングのタイムを基にペースを設定すると関門ギリギリとなってしまいました。
天候や距離だけではなく時間との戦いにもなりそうです。






当日は雨の予報でスタート前には降り始めました。
みんなカッパを着たりゴミ袋をかぶってみたりと雨に備えます。






よくよく考えてみると雨の日に走るのはみんな初めてかもしれません。実際に雨で隊列組んで走ると、前で走っている自転車の水しぶきが辛かったです。






僕は100均の雨合羽を着て走ったらアラブっぽいと言われました。










39.9km地点の木ノ浦チェックポイントまではずっと雨。千枚田のあたりの細かいけどキツ目のアップダウン、チェックポイント前の急な上り坂があったりと、実はこの木ノ浦の第1チェックポイントまでが実はかなりの難所となっています。スタート時のロスで15分ほど貯金があったのに、平均ペースは20.1km/hで2時間かかってしまいました。貯金がほとんどなくなったので、気持ち早めに休憩を切り上げてスタートしました。






木ノ浦からは下り基調なので順調にペースも上がり、60.3kmの鉢ヶ崎休憩ポイントは予定より10分ほど早く到着しました。







しかし、ここでトラブル発生、会長のメガネの「つる」が根本から折れてしまいました。僕は眼帯スタイルを提案しましたが、ふざけすぎだと却下、輪ゴムを上手く使ってリタイヤは避ける事が出来たようです。






気を取り直してスタート、次の休憩ポイントの前に観光スポットの見附島で集合写真を撮ろうと思っていたけど途中で隊列がバラけてしまい集合に時間がかかったので断念しました。

ちょっと小休止してスタートしたらちょっと砂利っぽいコースで、何でこんなところ走らせるんだろうと思っていたら・・・






見附島バックの撮影ポイントでした。走ってる最中は全然気付きませんでしたよ。






そんなこんなで柳田の昼食のポイントに向かいますが、このチェックポイントまでの坂道がなにげに辛かったりします。半分の80kmを越えてみんなエネルギー不足、ナドさんは仏様になりかけながらも無事に93.5kmの能登チェックポイントに到着しました。ここでお昼ごはんです。




お昼ご飯はカレー。塩気の効いたカレーが体に沁みます。


ぐったりしながらみんなでひと休み。眠りのイガはここでも本領を発揮しました。







今回の最大の難所だと思っていた桜峠はそれほど勾配はキツくなくて、あっさりと攻略。ここで107km地点です。
天気が崩れてきそうなのと、早く行かないと「ふっくら」が無くなるとのことで、休憩もそこそこに次のチェックポイントに向かいます。






125kmの穴水チェックポイントでエネルギー補給。
ここが最後のチェックポイント、もうひと踏ん張りです。





それにしてもエース浅野さんが飛ばす飛ばす。指導員に漢の勝負をしかけて遥か先に消えていきました。








139km地点の中島のすし弁で出走制限ポイントがあるのですが、ここはスルーしてツインブリッジに向かいます。
ツインブリッジを越えて能登島に入ると中々のアップダウン、最後の気力を振り絞って坂を駆け上がります。





















途中で交通整備の方に「残りは全部下りです!頑張ってください!」と嘘をつかれましたが、いつの間にか残り3km。時速20kmでも10分もかかりません。なんかもう終わると思うと寂しいものです。
そしてゴール。157km能登島マリンパークに到着です。











何とか制限時間内に全員無事にゴールすることが出来ました。
雨の中の大会でしたが、誰一人怪我もなく、パンクもなく、走り終えることができて本当に良かったです。
みんな途中までは「なんでこんなことしてるんだろう」、「後悔してる」、「詐欺だ」等の弱音を吐いていたのにゴールしたらみんな笑顔です。





その後、能登島から輪島に車を取りに行って、再度能登島に自転車を取りに来て解散しました。
皆さんお疲れさまでした。








157kmのロングライドは疲れたけど終わってみたら楽しかったです。
やっぱり大勢で走るのは楽しいので、もっと仲間を増やして来年は3日目のコースに参加してみたいと思います。いずれは3日間と通しのチャンピオンコースに・・・
別に本格的な自転車じゃなくても大丈夫です(ナドさんは僕が中学生の時に乗っていた10年前のクロスバイクに乗っています)、ロングライドの大会だけじゃなくて週末はキャニオンロードでゆっくりサイクリングしていますので、興味がある方は一緒に走りませんか?

Go ride Nomiway‼
  


Posted by 呑助○○人衆 at 23:26Comments(0)例会外呑way